ランドセルとは

トピックス記事

ランドセルの出現

ランドセルは、江戸時代(幕末)、幕府が洋式軍隊制度を導入する際に兵士がオランダからもたらされた背負って運搬する背嚢(はいのう)「バックパックのようなモノ」を、オランダ語のランセル「ransel」が転訛(なまった言葉)したもと言われています。

通学鞄として

通学鞄としてのランドセルの利用は、学習院の初等科が起源とされています。1885年(明治18年)、学習院は貧富や身分の差をなくして「教育の場での平等」との理念から馬車・人力車による登校を禁止したため、学用品を入れ生徒が自分で持ち登校するための通学鞄としてランドセルが採用されました。
1887年(明治20年)、当時皇太子だった大正天皇の学習院初等科入学の際に、伊藤博文が祝い品としてランドセルを献上し、それがきっかけで世間に広まり今のように普及したと言われてます。

ランドセルメーカー(一例)

流通系メーカー 三越伊勢丹
イトーヨーカドー
アビダビアゴ
ニトリ
大手・専門メーカー セイバン(天使のはね)
協和(ふわりぃ)
ハシモト(フィットちゃん)
NAAS(キッズアミ)
工房メーカー 池田屋
土屋鞄製造所
中村鞄製作所
 

ランドセルの素材・色

ランドセルの素材は大きく分けて「本革」と「人工皮革」の2種類があり、本革には牛革とコードバン(馬のお尻の革)があります。人工皮革のランドセル素材の主流はクラリーノで全体の7割以上のシェアを占めています。クラリーノは(株)クラレが製造している世界初の人工皮革です。クラリーノは軽量で、カラーバリエーションが多く、価格が安く、しかも、水に強いですが、質感が劣ると言われます。
色は男子は黒、女子は赤が主流です。他方、ピンク、茶、紺、緑、青などカラフルな色のものや、複数の色を組み合わせた物も発売されています。
また、2011年度からの学習指導要領改訂により、学校のプリント類がB5からA4へと移行したため、A4版クリアファイルを曲げずに入れられるランドセルの需要が高まっています。

ランドセルの問題点

ランドセルは価格が高く、低所得層にとって負担となっています。また、ランドセルの購入は義務ではないがほぼ全ての生徒が新品を購入しており、ランドセルが中古や、お下がりだと子供がからかわれる可能性があり、新品を買わざるを得ない情勢となっています。
ランドセル(三越・伊勢丹)
大好きなお子さんやお孫さんに贈られるランドセル(三越・伊勢丹)の特集です「ランドセル」は、背負いカバンを意味するオランダ語からきていて、通学鞄として利用されています。ここからお好きなランドセル(三越・伊勢丹)を選択して通販できます。
ランドセル(トイザらス)
大好きなお子さんやお孫さんに贈られるランドセル(トイザらス)の特集です「ランドセル」は、背負いカバンを意味するオランダ語からきていて、通学鞄として利用されています。ここからお好きなランドセル(トイザらス)を選択して通販できます。
タイトルとURLをコピーしました